契約時に掛かる費用の削減|細部まで自分色に染められる|注文住宅なら設計事務所にお任せ

細部まで自分色に染められる|注文住宅なら設計事務所にお任せ

契約時に掛かる費用の削減

相談

礼金敷金無料という選択肢

賃貸物件を借りる契約を交わすにあたっては、不動産仲介業者を介した契約を交わすのが一般的になっています。この契約にあたって支払うことになる費用、それらは一般的に初期費用と呼ばれています。この初期費用には礼金敷金や家賃の前払い金、仲介手数料などの項目が含まれていますが、近年特に増加傾向にあるのが、礼金敷金無料や、仲介手数料無料といった賃貸物件です。それぞれが重複していたり、どれかひとつだけが無料といった物件も少なくはありませんが、特にオススメなのが礼金無料、仲介手数料無料の条件が重なる物件になるでしょう。これは礼金無料と仲介手数料無料は、払いきりのお金を節約できる選択肢であるのに対して敷金無料は、いざという時のための一時預け金を支払わない行為に当てはまるためです。また敷金は、基本的には問題がなければ退去時に全額返ってくるものでもあります。

なぜ無料が可能になるのか

礼金の支払い対象は物件のオーナーである一方、仲介手数料の支払い対象は不動産仲介業者になっています。そのため、オーナーが礼金を受け取らない選択をすることで、契約者を呼び込もうとしているといった考え方はともかく、不動産仲介業者が仲介手数料を受け取らないという行為は、いわゆるタダ働きに該当してしまうのではないかと考えてしまう方は少なくないでしょう。しかし、仲介手数料無料の物件は不動産仲介業者がサービスで行なっているわけではありません。そういった物件は、契約者から仲介手数料を取るのではなく、オーナーから仲介手数料を取る事によって利益を出しているのです。また不動産仲介業者自体が物件のオーナーを行っているため、礼金か仲介手数料のどちらか一方を取っており、もう一方が無料になっていることなどもあります。つまり、仲介手数料無料の物件は何の不審も躊躇いもなく、積極的に選びたい条件の物件になっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加